セミの災難

2008年09月04日 22:30

この夏、まめは毎日毎日ベランダでセミを待ち伏せした。そしてハントしたセミを相手に遊ぶのだった。

ジッタバッタ

セミもとんだ災難である。

オイラが歌うもん



ネンネンころりヨ

まめが、たとえどんなにやさしく子守唄を歌ってくれても

こんな所で…

寝ることなど、セミにとってはとんでもないことだ。

そして、まめの子守唄で眠くなったのは・・・・つぶだった。

つぶの欠伸

しかしこの状況下、しっかり目をあけてセミの動きを追っていたヤツがいた。

フフッあそこね

しばらくして、女将がセミを救出に来た時には、セミの姿はどこにもなかった・・・・


ブログランキング参加中(下のアイコン2カ所をクリックで投票になります)

にほんブログ村 猫ブログへ人気blogランキングへ

今年の夏、セミの数は案外少なかった?
セミよりも赤とんぼが飛び始めた今日この頃のまめつぶ本舗


コメント

  1. harpo3 | URL | -

    あんちゃん食べちゃった?

    今年の夏も、まめたんはセミハンターとして忙しかったのですネ。
    あんちゃんとあまり遊んであげなかったのでは。
    だから、まめたんのおもちゃと化したセミを食べちゃったの?

  2. ツブシオ | URL | -

    harpo3さま

    今年の夏も、まめは皆勤でセミハントの仕事をしていました。

    あんずは、いつでも『腹ペコワンコ」です。
    ただ、散歩中に道路に行き倒れているセミには見向きもしません。やっぱり鮮度がいいのが美味しいようです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mametubu.blog76.fc2.com/tb.php/340-83dbf024
この記事へのトラックバック


最近の記事